« test | トップページ | 全国住民投票 実況中継 (降順)  »

生駒市「神話と里山の都市」構想   

生駒市「神話と里山の都市」構想.pdf

この構想は、生駒の神話研究会学研高山第2工区のあり方を考える生駒市民の会(市民の会)

との連携協力で策定・提案・広報しています。 

この構想が策定された背景・理由

「ポストコロナ社会」構築に向かう世界において、生駒市の存在感を示していけるのが当構想。 

〇これ(気象災害 日本ワースト.jpg)でもまだ開発を進めようとする情況に対する悲しみ

〇「人々は苦しみ、死にかけ、生態系全体が崩壊しかけている。私たちは絶滅にさしかかっているのに、あなたたちが話すのはお金のことと、永遠の経済成長というおとぎ話だけ」(グレタ・トゥンベリさんの19年9月23日の国連気候行動サミットでの言葉/全文はこちらミラー)という警告を受けとめ、生態系の崩壊を防ぐことで持続可能な世界を構築することに少しでも貢献できる行動を生駒の地で展開したい。

〇人類の歴史を描いた「サピエンス全史」や人類の行く末を占った「ホモ・デウス」を著した世界的に著名な歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は朝日新聞のインタビューミラーの中で、「今後10~20年間に人類が直面する課題」として「核戦争を含む大規模な戦争、地球温暖化、AIなどの『破壊的』な技術革新」を挙げましたが、核戦争を含む大規模な戦争を始めとする一切の戦争地球温暖化を始めとする一切の地球環境破壊AIなどの『破壊的』な技術革新を始めとする一切の技術の暴走の3つの課題解決に少しでも努力するのが後の世代にたいする現世代の務め。

・「今や陸地の75%が人間により改変され、約100万種の動植物が絶滅の危機にあるという」<このページより>

 

 

« test | トップページ | 全国住民投票 実況中継 (降順)  »

無料ブログはココログ