« 愛媛県伊方町の最初の再稼動/山口県上関町の原発新設    | トップページ | 市民(住民)投票  »

埼玉県北本市 新駅設置  

【1】経過(降順)

<13(H25).12.15>投開票され、「反対」が過半数で、計画は白紙撤回へ(報道記事解説記事.mht

<13(H25). 9.20>市議会は「JR高崎線北本―桶川駅間への新駅建設の是非を問う住民投票条例案」を賛成多数で可決(報道記事

<13(H25). 9. 5>市は、JR高崎線北本―桶川駅間の新駅設置について、総事業費が72億730万円に上ることを明らかにした(報道記事)。

<13(H25). 8.21>市は、JR東日本に要望している高崎線の北本―桶川間の新駅について、建設の賛否を問う住民投票条例案を28日開会の9月定例議会に提案すると発表(報道記事

【2】考察

こんなウソをつく?市長さんが提案・実施したこの住民投票は、はたして住民投票と呼べるものだったのでしょうか?⇒北本市新駅を問う住民投票|あなたは賛成?それとも反対?一体誰が得するんだろう?(※)や【北本市住民投票】新駅設置を白紙撤回した後日談を読んで考えてはいかがでしょうか。

 (※)この文章から一部引用↓

中立であるべき市長「民間団体に補助」で強引に賛成誘導か

 本来中立であるべき市長が、「市長としては表立って賛成運動はできないが、自分が会長をしている『期成会』に運動費を税金で補助し、賛成の運動を進める」と期成会からの要望です。ある議員が「賛成の団体に補助するなら、反対の団体にも補助するのか」と質したら、「市は賛成の立場だから反対団体には補助しない」と答弁。
 こんな不公正・不公平・不平等な税金の使い方があるでしょうか。補助する公金は、賛成・反対に関係なく、納められた税金です。

  

« 愛媛県伊方町の最初の再稼動/山口県上関町の原発新設    | トップページ | 市民(住民)投票  »

無料ブログはココログ