« 山口県の山陽小野田市で常設型住民投票実施<13(H25).4.7> | トップページ | 鳥取市 庁舎建て替えに関する住民投票    »

東京都小平市で従来型(個別型)住民投票実施<13(H25).5.26>       

(*)不成立・不開票決定ののち(降順)  結果から見えてくるもの : Ⅰ.pdfⅡ.pdfⅢ.pdfⅣ.jpgⅤ.pdf      

<13(H25). 9.26>市議会本会議(全議員26人)が反映させる会提出の開票を求める請願の採決 : 不採択

<13(H25). 9.10>市議会総務委員会が反映させる会提出の開票を求める請願の採決 : 賛成1反対5で不採択(報道記事.pdf

<13(H25). 8.19>反映させる会は開票を求める請願(請願書 : A4版.pdfA3版.pdf)を市議会に提出

<13(H25). 7.20>市議会に開票を求める請願の署名集め開始(署名用紙 : A4版.pdfA3版.pdf)。

<13(H25). 7. 9>「小平市長に住民投票の開票を求める署名」(呼びかけ:反映させる会/http://Change.orgのサイトでのオンライン署名が5,523筆、署名用紙での署名が1,426筆、合計6,949筆)と「小平中央公園の横の雑木林を半分つぶして道路にしないでください。今ある林をずっと林のまま残してください」と求める署名(よびかけ:NPOこだいら自由遊びの会、どんぐりの会、協力:子ども∞幸せ円卓会議inこだいら/署名235筆、絵やメッセージ69人分/署名用紙.pdf)の2つの署名を小平市に提出<東京新聞(13.7.10).jpg毎日新聞(13.7.10).jpg>(毎日新聞は2つの署名を混同して記載

<13(H25).6.30>シンポジウム「どんぐりと民主主義 PART4」<チラシ.pdf東京新聞(13.7.2).jpg

<13(H25).5.28>反映させる会は「小平の住民投票について開票を求める署名」活動(署名用紙.pdf)<~13(H25).6.30>

(1)根拠条例東京都の小平都市計画道路3 ・2 ・8号府中所沢線計画について住民の意思を問う住民投票条例.pdf(13(H25)年3月制定 /20歳未満 外国人投票権条項なし) 同施行規則 

(2)今回の住民投票について

  ①投票に付された事項06msn130517_6 73年に都市計画決定された「都道3・2・8号府中所沢線」の小平市内を通る約1・4キロの区間<右の地図(クリックで拡大)Tokyo130516_8ご参照>の道路建設計画(幅36mの巨大道路。小平中央公園の雑木林を伐採し、玉川上水の緑道を分断するほか、約220世帯が立ち退き対象となる。自然景観を壊し、数百人が住みなれたまちから離される)の見直しの賛否

  ②小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会ミラーが、当初は12(H24).11.10からの1ヶ月を予定していた署名期間を、石原都知事が辞職し都知事選が入ることになったため、12(H24).12.17~13(H25).1.11として署名集めをし、署名を提出。13(H25).2.3に署名簿の署名の証明が終了し、署名総数及び有効署名数の告示※。同月、本請求、13年3月の定例議会で住民投票条例案は可決された(議会だより.pdf)。

    ※ (有権者は14万5024人/その50分の1は2900人)署名し印を押した者の総数は7593人、有効署名総数は7183人(50分の1の約2.6倍/有権者の20.2人に1人が有効署名する)、無効署名数は410人(無効率は5.4%)<受任者は385人

  ③小平市のHPより : 住民投票の執行についてmht  住民投票条例の概要.mht(「請求の要旨」あり)

  ④背景にあるもの : 市民の政治参加を求める機運の高まり.pdf3・11以後、原発政策をめぐって高まった直接民主主義のうねり.pdf 

  ⑤50%未満非開票条項<〔投票の〕成立要件は投票資格者数の50%以上〔の投票率があること〕で、非成立の場合は開票もしない>という高いハードルあり : 成立要件の「50%以上」を満たさず不成立となった(市は「投票率が50%に満たなかったため、開票は行いません。」としていますが、 住民投票条例.pdfには「住民投票は、投票した者の総数が投票資格者の総数の2 分の1 に満たないときは、成立しないものとする。」という規定しかありません(「開票は行いません」という規定はありませ)。<投票結果ミラー.mht>。

  ⑥不成立の原因 :参考報道記事.pdf 

(3)報道記事・報道映像で見る、3月定例議会(住民投票条例案可決)以後の経過13..4.24 市長は臨時議会を開催して50%未満非開票条項を導入する条例改正案提出.pdf13.4.24 臨時議会で改正案可決.pdf<注>13.5.16 告示.pdf同左.pdf同左.pdfのしかかる50%未満非開票条項.pdf→(2)-④で記されたことを背景に13.5.19の全国紙の社説.pdf13.5.22の全国紙の1面論説.pdfで取り上げられるなど全国的な注目を集める→13.5.26 投開票(不成立).pdf報道映像>→市民は13.5.27 市民は投票用紙の開示請求.pdf同左.pdf報道映像>   

  <注>住民投票特別委員会では6対6の可否同数となり、委員長採決により7対6で改正に賛成。本会議でも13対13で可否同数、議長採決で14対13で改正に賛成という結果となりました。政和会(自民党系)・公明党・みんなの党が賛成しました。

       

« 山口県の山陽小野田市で常設型住民投票実施<13(H25).4.7> | トップページ | 鳥取市 庁舎建て替えに関する住民投票    »

無料ブログはココログ