« 広島市民球場解体に関する常設型住民投票     | トップページ | 東京都小平市で従来型(個別型)住民投票実施<13(H25).5.26>        »

山口県の山陽小野田市で常設型住民投票実施<13(H25).4.7>

(1)山陽小野田市住民投票条例(06.03).pdf

  ○20歳未満投票権条項なし。外国人投票権条項あり。 

(2)今回の住民投票について

  ①投票に付された事項 : 議会の定数削減(現行の24から20以下に)の賛否(定数削減が争点となった全国初の住民投票だった)

  ②投票〔が実施できる〕要件は有権者の6分の1〔以上の署名があること〕 : 有権者の6分の1(8897人)を上回る1万1809人分の署名を集め、直接請求〔により投票が実施された〕

  ③〔投票の〕成立要件は投票資格者数の50%以上〔の投票率があること〕 : 当日投票資格者数は、20歳以上の外国人18人を含む5万2479人。投票者数は2万3892人。投票率は45.53%(市長選の投票率は46・13%)で、成立要件の「50%以上」を満たさず不成立となった(山陽小野田市の場合は、不成立の場合は開票されない)。

  ④不成立の原因 : 住民投票は、この日投開票された市長選との「同日選」で、公職選挙法により、市長選の告示以降、市民団体による住民投票運動が制限された(市民団体による住民投票に関する街頭宣伝やチラシ配布などが認められず)ため、十分な情報が市民に行き届かず、市長選は投票率が前回(60.28%)より低く46.13%と盛り上がりに欠けたこともあり、住民投票への有権者の関心も高まらなかったためとみられる。

(3)報道記事.mht報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.mht報道記事.mht   

« 広島市民球場解体に関する常設型住民投票     | トップページ | 東京都小平市で従来型(個別型)住民投票実施<13(H25).5.26>        »

無料ブログはココログ